「それちょっと、数字で説明してくれる?と言われて困らないできる人のデータ・統計術」を読んだ

・仮説→データ分析結果で証明 というアプローチ

・平均→標準偏差→変動係数 による課題の特定

・比較・変化点・共通点・基準値からの乖離を見てデータの特徴を掴む

・相関分析で複数のデータからポイントを掴む

Excelの関数で変動係数や相関分析が簡単にできる

「日本をダメにしたB層の研究」を読んだ

読んだ理由:会社の書棚にあったから。基本的に真面目な技術書や自己啓発本が多いのだが、たまに変わった本がおいってあって面白い。たまたま目についた一冊を手にとった。

社長をディスるような本もおいてあってロックだ。

 

 

内容は、B層の定義の説明〜出版当時社会を賑わせていた著名人(主に政治家)を片っ端からディスる本です。

こんなことがあったな、こんな時代だったなと楽しく振り返ることができる本でした。

内容は2chの書き込みと大差ない、こいつはバカだ、とかこき下ろすもの。

レッテル貼りの根拠が薄かったり、説明がそもそも無かったりすることがあるのが気になりました。

 

いやー有意義な休日を過ごせたな。

「世界最強の商人」を読んだ

読んだ理由:Kindle版が140円だったから

 

中世ファンタジー的な物語調で、神の啓示のような形で自己啓発本によくあるありがたいお言葉が頂戴できる本です。

 

内容は

・今日、というか今を大切にしろ

・萎縮するな即行動しろ

・成功するまで諦めるな

・自己と社会を肯定しろ

といったところかなと理解しました。

 

 

成功してる人は読まないたぐいの本だと思うので、

潜在的に成功したい欲求がある人の後押しをするいい本ではないでしょうか。

 

最近のライトノベルで、「社会的に成功していないが潜在能力の高い人が、異世界に行って成功する」というものを見かけますが、こちらは成功したい欲求があるけど、リアルでは諦めた人を主な読者層にしているのかなと。

 

でも諦めないことは大切です。

 

ぜひリアルで成功して日本を豊かにしましょう。

 

 

人生あきらめムードの窓際中年より。

IPO申込みのために証券会社の口座を作るなんて時間の無駄

適当に検索すると、IPOが楽にお金儲けできる手段だと持ち上げるサイトが腐るほどありますが口座を開かせてインセンティブを貰うためだけのアフィリエイトサイトです。

例えば最近あったメルカリ、

やさしいIPOさんのサイトを見ると

メルカリ(4385)のIPO上場情報

ネットの証券口座から公平に分配される当選枚数は推定25000枚

一人で複数申込可能+日本中から申し込みがある

ということで、トップクラスに枚数が多いメルカリでも当選確率は高くないと推定できます。

基本的に他の当選口数はこれよりずっと少ないです。

 

一方のデメリットとして

* 申込みにかかる労力

* 預り金として資産を寝かせておくことになる

* ポートフォリオが崩れる

 

どうしても口座を作りたければアフィリエイトサイトから申し込むのではなく検索エンジンからトップに入って申し込むのをおすすめします

スポーツジムのパーソナルトレーナー体験

# スポーツジムのパーソナルトレーナー体験を受けてみた

非常に良かった。時間当たりの価格はRizapの3分の1以下なので、期待していなかったが、トレーナーさんは専門性も高く科学的な見地で身体の状態を見てくれるので、ぜひおすすめしたい

 

## 言われてしまったこと

* ストレートネック

* 骨盤後傾

* もも裏・ふくらはぎ伸びなさすぎ

* O脚

座っている時間の長さや、日常使わない筋肉の衰えによるものらしく、当てはまる人はたくさん居るんだそう。もう終盤だが20代のうちに気づくことができてよかった。

最近のインターネットについて思ったこと

最近(?)、特定のパターンでのGoogleの検索結果の見出しがアフィリサイトまみれで目を背けたくなる

例えば以下のような、

  • 有名人の名前で検索→「彼女が〜」「学生時代の黒い噂〜」「地元での評判は?」みたいなしょうもないゴミ
  • 健康関連のワード(これはWELQが話題になりましたね)
  • 仕事関連の検索結果→「転職したら人生変わった」みたいな感じでエージェントに登録させようとするゴミ
  • 英語三文字+拡張子→「○○ファイルを開く方法」みたいな怪しいソフト配ってるゴミ
  • 新規のスマホゲー→「リセマラ当たりランキング」「攻略まとめ」

他にも、ブログなどで有益な情報と見せかけてアフィリエイトなパターン

  • ○○してみた!
    • 結論:○○は思っていたより大変だった
      • 代行業者や相見積もり一括みたいなものをすすめる
  • 体調が悪いときの対処法!
    • ○○という健康法は効果がないらしい…

他にもNaverまとめなど。これはドメインごとブラックリストに入れている

とにかく、検索エンジンがインターネットユーザーに与える価値を損ねてでも自分だけ儲けてやろうという考え方が気に食わない。

たとえルールで許されているからと言って、利己的に秩序を乱す行為が許されてほしくない。糞サイトの運営者はもれなく不幸になって欲しい。

ちなみに、これは今流行りの転売屋についても当てはまると思う。

世界が平和でありますように